THE★SMAP

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE★SMAP

SMAPに関するあれやこれやを書いております。

2004.02.24 ドラマ「プライド」番協

はじめに

ドラマ「プライド」の番組協力に行ってきました!
今回の番組協力は18:00~という、なんとも変則的な時間からでした(笑)


Report

前日になって集合時間が17:30に変更。
早めに集合地に着いた私と友だち2人は、ドラマに出てくるあの橋を見にスケートセンターに行く前に橋へ。
何となく私は「あれ・・・かな?」と思っていた橋があったので、そこへ行ってみました。
その橋は遠目から見ると「ちょっと違う・・・?」「もっと長かった気がしない・・・?」と思ったんですが、どんどん近づいていくたびに「でもぽいっちゃぽいね」のセリフを繰り返し、結果橋の上に行ってみて「あ、ここだ」とようやく納得しました(笑)
しかも周りには同じように橋を見に来た方がいて、写メ撮ってました。間違いありません。
当然あの赤いオブジェはありませんでした。あと橋の名前が全然ひねってなかった・・・
で、そこからスケートセンターへ。



この前は全く同じ年代の方ががいなかったのですが、今回はやはり時間が時間だからでしょうか。
この前より参加している方々の年齢が若かったです。
整理番号から言って、今回の参加者は2000人近くいるみたいでした。
私は最後のほうの番号だったので「たぶん今回も座れないんだろうな~」とここで思いました。
前日の掲示板を見た限りでは、ハガキで当たった人には「23時まで」、BOXで当たった人には「21時半まで」収録だと言われていたみたいです。
「そんなに長く収録しないのかな~?」と思ったんですが、期待は大きく裏切られました(笑)



まず18時開始予定の収録が大幅に押しました。
スタッフさんによりますと、「みなさんが参加していただく前の練習風景の収録が押しています。なので19時までこのままでお待ちください」とのことでした。
「このまま」って、「外で立ったまま」ってことですからね(笑)
でも3人でいたので会話も弾んでそんなに待ってるのに苦はなかったんですが、じっとしていることに耐えられなかった・・・
19時からとなったことで、中に入ってご飯なんて食べてる余裕なんてないんだろう、とみんなが思ったのかみんなそこで立ちながらコンビニで買ってきたご飯を食べてました。
で、19時半頃。
「ファミリークラブの方から撮影の説明があります」というスタッフさんの言葉が。
今回の収録についての説明と、この前はスタッフが編集に苦労するほどあまり協力的ではなかったので、そういうことはないように、というお話でした。
ファミリークラブの方から説明があった後、「もうしばらく、もうしばらくお待ちくださいね」という言葉とは裏腹に、中に入れたのは20時40分でした(笑)



始まりからしてこの押し様。
「こりゃ終電じゃ帰れないね(笑)」との言葉どおり、終電じゃ絶対帰れない時間に収録は終わりました。
私が予想していた通り、今回も最初は席には座れず(笑)、また立ちからのスタートでした。
中のリンクは掃除されて、ツルツルピカピカになってました。
で、早速ハルくん登場。
選手がリンクに入ってくる入り口が今回も近かったため、最初からすんごい近くにハルくんが・・・・!!!!
相変わらず華奢だ~。小さい~。かわいい~( ̄▽ ̄)
入ったばっかりでしたから、会場の興奮もすごいものがありました。
でも本人は全く反応してませんでしたがね~。



今回の撮影部分はグリーンモンスターとの試合直前&フェイスオフシーン。
7話の予告を見て分かる通り、大和は大変なことになっているため、今回はいませんでした。
代わりにグリモンの山本さんがいました。
あと佐藤浩市さんもいらっしゃいました。
で、その佐藤さん。つい2日ほど前に「日本アカデミー賞」で「最優秀助演男優賞」と受賞していましたが、そのお祝いがプライドの撮影現場でも!!
そして佐藤さんがいるベンチとは反対側のベンチ付近にいたハルが、収録を始める前に「えー、日本アカデミー賞で佐藤さんが最優秀賞を受賞しました!おめでとうございます!!」という一言を。(マイク通さずにね)
そしてハルがいる側のベンチから、佐藤さんには見えないように女性スタッフが持っていた花束が登場!
ハルくんがスケーティングしながら、佐藤さんのほうへ花束を持っていきました。
しきりに照れる佐藤さん。盛り上がる会場。
しかしそのハルくんのスケーティングが長い(笑)
「お前が受賞したんじゃないんだから(笑)」と突っ込んだ私でした(笑)
でも「いい撮影現場だな~」とも思いました。



今回撮影したシーンを説明いたしますと・・・
一人キレているハルが「いくぞ!」と声をかけて出入り口からブルスコメンバーが出ていく。
そしてブルスコとグリモンそれぞれの選手が自分たちの陣地でぐるぐると円を描きながら、足をならすスケーティングをする。
そんな中、グリモンの山本さんに対しガンを飛ばすハル。
時間になり、試合に出るメンバー以外はベンチへと下がり味方に声援を送る。
そしてフェイスオフへ。
ハルが山本さんの周りをぐるーっと周り、何か山本さんに対して言う。(聞き取れませんでした)
しかし山本さんはそのハルに対して気まずそうな顔はするものの、フェイスオフの体勢へ。
ハルもフェイスオフの体勢に入りお互い向かい合うが、ハルが体勢を戻し、後ろへと戻ってしまう。
依然山本さんはフェイスオフの体勢に入ったまま。
動じない山本さんを見たハルは背を向け、しばらく動きが止まる。
と、手袋とスティックを下に叩きつけ、「テメェ!大和に何したんだよ!」という罵声と共に山本さんに殴りかかる。
「大和どこ行ったんだよ!」とまだ山本を責め続けるハル。
友くんらがハルを止めようとするが、ハルは止めない。



と、こんな感じのシーンです。(詳しくはオンエアで)
山本さんに殴りかかるシーンでは、何度も山本さんが氷の上に横になり、さらに選手によってハルが止められるので、一番下になる山本さんは大変そうでした(笑)
しかもテストのときと本番のときのハルくんの勢いが全く違う!!
これには観客も驚いて声を上げていました。いや~、プロってすごいね。



で、あまり撮影開始から時間の経っていない23時半頃。
終電の関係もあるためか、撮影の途中でファミリークラブの方がマイクを通して挨拶。
「帰られる方は帰って結構です。ありがとうございました。」と「残れる方は引き続きお願いします」という挨拶を。
で、次にマイクを通してハルがご挨拶。
「まだ撮影は続きますが、もう遅くなってしまったというので参加していただいた方はありがとうございました。」のような感じでした。



それ以外に気になったことをちょこちょこと。
佐藤さんと楽しそうに談笑するハル。隣にいたのは中にぃ(中江監督)かな?3人で楽しそうにおしゃべりしてました。
真琴くん。帰るときにハルくんに挨拶しに。
ハルくんと背番号22の方が手袋で「バイバイ」と。
リンクから出ると「真琴ー!!!」という大声援に「シー!」とまだ撮影が続く現場に気配りをみせる真琴くん。
あぁ、なんていい人。
友くん。あまりリンクに長くいず、今日は結構控え室に戻る回数が多かったです。
で、そんなあるときリンクから出てスタッフさんと話している最中に、ブルスコの誰かが後ろから友くんの持ってたスティックをそばにあるホウキにすり代えるというイタズラを・・・・(笑)
それに気づいているのにまだ話し続ける友くん。 
そして話が終わった後、そのホウキを手にしたままリンクに行きかけ、「・・・ってオイ!」という無言のノリツッコミ(笑)
今日はよくハルくんがコケてました。
打つパックにもこの前のような勢いがあまりなかったです。
もう疲れてたのかなぁ??



結局終わったのは夜中の3時半。ハルくんたち出演者の方々は3時前には終わりました。
終わったとき、お客さんの「ある一部分」に手をあげ挨拶をし、ベンチにいるメンバーと拳と拳をぶつける挨拶を次々にして、選手の出入り口にいき、「帰るのかな~?」と思ったら、今度は写真撮影。
何の写真だかは分かりませんでしたが、一人のショットを何枚か撮っていました。
で、友くんが一番最後に終わったんですが、ハルくんは先に帰ることなく友くんをリンクの上で他のブルスコのメンバーと寝転がりながら待ってました。



それにしてもハルくんは「ある一部分」にやたらと行っていました。
端から滑っていって、山本さんの周りをぐるーっと一周してフェイスオフの場所にシャッと止まるシーンのとき、止まった拍子にバランスを崩し、のけぞるような体勢になってしまいました。
その瞬間苦笑いを浮かべ、「もう一回!(笑)」とジェスチャーでお願いするハルくん。
珍しいハルのNGでした。
で、また端へスタンバイしに戻ったとき、客席のある一部分に「ごめん!」とジェスチャーで謝るハルくん。
な~ぜかその「ある一部分」によくしてたんですよねぇ・・・・・何かいんのか?(笑)



スタッフさんで今回ハルくんのお世話をいっぱいしてたのがぽっちゃりとしたメイクさん。
腕を大きくグルグルと回しバランスを取りながら氷の上を走るメイクさん。
ハルくんの髪の毛をいちいち直したり、リップクリームを渡して付けたハルくんの口を拭いてあげたり(まるでスパゲティを子供が食べた後に口を拭いてあげているお母さんのようだった(笑))、よくめくれるユニフォームを直したり・・・
ユニフォームは本当によくめくれるんですよね。
今回はハルくんの後姿のシーンも多かったので、直さないとみっともない。
(この前もめくれてたけど、あんまり直してなかった)
だから何度も何度も直していて、途中そのメイクさんの行動に気づいたハルくんは、メイクさんが直すために近づいていく途中にメイクさんのほうを見て、自分でめくれを直してました(笑)
先に直されてしまったメイクさんは「おっとっと」というふうに元の場所へ戻っていかれました(笑)



そうそう、山本さんを押し倒すシーンでは、勢い余って自分の手を切ってしまったようです。
(人に危害を加えるような場合、なぜか必ず自分がケガをする木村くん(笑))
たぶん擦り傷だと思うんですが、メイクさんがすぐに近寄っていったんですが、「大丈夫」って感じで自分で傷を何度も舐めていました。
その後もやっぱり気になってる感じでしたが。手袋つけるときとかちょっと気をつけてる感じでした。



で、最後に出演者も全員いなくなった後、残った人で観客が応援しているシーンを撮りました。
私はグリモン側にいたんで、緑の風船を持ちました。
ユニフォームもブルスコと違ってサポーター用のがないみたいで、実際に選手の方が着ているユニフォームをバランスよくお客さんに配って着てもらっていました。
にしてもこの応援しているシーンは大変だった・・・
ずーっと叫びっぱなしじゃなきゃいけないし、山本さんの下の名前「玲志」を叫ぶのが大変だった(笑)
「れーじー」って叫びづらいんですよね・・・
しかもかなり長い間叫び続けました。(しかも時間は夜中3時15分(笑))
そんなこんなで撮影も無事終了し、ブルスコのステッカーをもらってまだ真っ暗な外へ出ました。


おわりに

今回は収録が夜だったということでハルくんもちょっと疲れていたようですが、この前よりはスムーズにいったんじゃないかなぁ?
何より来てる方々がこの前よりは協力的でしたし、「本番!」や「テスト!」の声には必ず静かになっていましたから。(この前はうるさかった・・・)
でもやっぱりハルくんは周りの選手と比べて華奢。小さい。
ある大きい選手と並んでしゃべっているときなんて、まるで彼氏と彼女でしたよ(笑)
そしてハルくんを見て「かわいー・・・・・・」と言い出したらキリがないこともよく分かりました(笑)
後ろ姿をジッと見て突然「かわいー・・・・・・」と言い出した私。もう何度言ってもキリがありませんでした(笑)
そういえばあんまり私たちは「かっこいー!!」とは言ってなかったなぁ。

ハルくんはずっとあの格好でいなくてはならないので相当大変だとは思いますが、あと残り4話ですからね!
物語ももう佳境に入ってきてます。ハルくん、もう一がんばりだ!!