THE★SMAP

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE★SMAP

SMAPに関するあれやこれやを書いております。

2001.08.31 qamS Tour @東京スタジアム

公演情報

ツアー:SMAP '01 "qamS Tour" (ウラスマツアー)
日程 :2001年08月31日(金)
会場 :東京スタジアム

はじめに

この日は雨の心配が少しあったんですが、午後から雨は止みました。
野外の会場だったので、リハーサルの音が聞こえるかな?と思い、お昼から会場に向かいました。
会場外でお昼を食べてたら、マイクで誰かがしゃべってる声が!!
グランドに一番近いところに寄っていって、聞いてたんですが、スタッフのマイクテストだったみたいです。

でもしばらくしたら曲が聞こえてきて・・・
恋の形、KANSHAして、はだかの王様などが聞こえてきました。
中でも一番何回もやっていたのが、恋の形。
1番の最初の吾郎ちゃん部分を中居くんが歌うことになったらしく、心配だったのかなぁ(笑)
慎吾が歌い出すと、人一倍声が大きかったです。
それから会場に入って20分押しぐらいで始まりました。

Report

東京スタジアム公演は、他の会場とはやっぱり曲の順番や映像も変わったみたいですね。
一番初めの映像は地球が映ってて、それから10years→10dallar→$10になって、一番上の看板に白で書いてあった「Smap」が、「qamS」とピンクの文字に裏返りました。
そして上からリフトに乗って登場!!
でも中居くんがな~んかニコニコというか、ニヤニヤしてて「変だな~」と思ってたら、踊りながら剛を蹴ってました(笑)
これはトークコーナーのときに謎が明かされます・・・
ところでピンクの衣装、かわいかったです~。


曲の間じゃない部分で中居くんが謝罪(?)っぽいことを言ったんですが、
「もう合い言葉のようになってますが、ライブは4人でがんばりま~す」
とちょっと笑いながら軽く言ってました。
「もうだいぶ余裕が出てきたんだなぁ」って思いました。
ファンも中居くんの言い方にちょっと笑ってたし。



そしてMC。
一番初めに出てきたのが立ち位置問題!!
♪正義の味方~のときにイス使ってますよね?
その間奏のときにぐるぐるイスのまわりを回ってたんだけど、剛が座れなかったんです。
私はそれを見て「あぁ、イス取りゲームなんだ」って思ってたんですが、そうじゃなかった!

「こいつ(剛)が間奏のとき座れなくて『邪魔だよ。どけよ、木村!』って感じでマジで怒ってんの。」
「どこの話よ?もう一回再現しようよ。」

みんな勝手なことを言い出す・・・(あそこだよ、とかね)
結局中居くんが「$10からやり直そうぜ!」とか言い出しちゃって(笑)

そしたら慎吾が「あれはね、中居くんから始まったんだよ。間違ってるのにファンを増やそうとして、手振ってんの。」って。
「そういうこと言うなよ。人気落ちるじゃねぇかよ。」

結局みんなで確実なところから再現!
「ここで回って一個ずれたとこに座るんだよ。」
「中居くんはここなの。ここに座ってたでしょ!」
「違うよ。俺ここだよ。」

結局そんなやりとりの中、中居くんが間違ってたことが判明。

「はいはい、僕が悪かったです。すみませんね。」
「何、その謝り方。」
「ごめんなさいね。(態度は改まってません)でもこいつ(剛)も間違ってるんだよ。$10のときにこいつが俺の前に来たとき、もっと横に広がらなきゃいけないのに、俺の前に立つの。お前がもっと広がらなきゃ俺がかぶって映らないんだよ!」
「ごめんなさい。」
「そんなにすぐ謝るなよ。何か俺の人気落ちるじゃん。」
「でも俺はね、努力してるのよ。でも間違えちゃうの。中居くんは違うじゃん。」
「間違えてるのにファンを増やそうとして手を振ってるし。」
「そんなこと言うなよ。人気落ちるだろー。」
「ステージの上で人気の話は止めようぜ」

ここで木村・慎吾、中居・剛に分かれる。

「だって、お前らはいいよなー。人気あってさ。」
「そうだよね。親戚の子とかみんな木村くんか慎吾のファンだもん。」
「俺らだって言われたいよなー。」
「何かその二人の2ショットやだ!」


「中居くんさぁ、(歌)下手なのはしょうがないと思うよ。でも中居くん、すぐ(歌うの)諦めるんだもん。何かの歌のとき、歩きながら歌うことあったんだけど、そこで中居くん見たら、普通に歩いてんのよ。一瞬すごく空気が冷たくなんの。」
「歌、ごめんね。」
会場、爆笑!
「そこ盛り上がるとこじゃないから。だってさ、誰もが知ってるCan’t Stopのあそこ(♪きらきら光る~ってとこ)でさえ、マイクはずして歌ってないんだよ。」
「いや~、歌いながら踊るって難しいね。」
「10年たって気付くなよ!」


そして別の話では・・・
「(中居くんに向かって)トイレ、気にしすぎ!誰も入ってないって!始まる前さ、何回も何回もトイレに『誰か入ってる?』って聞いてんの。誰も入ってないよ!」
「違う!あれはね、控え室にシャワー浴びるとこあんじゃん?そのシャワーのすぐ横にトイレがあんのよ。んで前にシャワー浴びてたら、おしっこの音がしたのね。んで『あぁ、誰か入ってるんだなぁ』って思ってたらさ、トイレットペーパーの『カランカラン』って音がしたの。でもさ、どう考えても男しかいないじゃん?」
「みっちーかもよ」((笑))
「んでさ、もうそれから気になっちゃって。(剛に)お前おしっこでもトイレットペーパー使うんだよな?」
「もう!そういうことステージで言うかな、普通!」
「使うんだろ?」
「使うよ。でもまさかステージで言うとは思わないじゃん!」
「だから気になっちゃって『誰入ってんの?』って聞いてたの。」
「ごめん。俺、一回そういうふうに言われて無視したわ。何で『俺が俺って言わなきゃいけないんだろう?』って思って。『俺』って言っても『俺って誰?』って聞くよね?」


そして木村くんが中居くんの裸にオーバーオールの格好を見て、
「普通そんな格好しねぇよ。なんかデビューしたてのSPEEDみたいだよ。ヒロだよ、ヒロ!」
って言ってました。
(ヒロもさすがに裸にオーバーオールはしないと思うけど(笑))

何か木村くんがいつも以上にすごいしゃべってた気がしました。
あとみんな話の展開がすごく早くて、ついていくのが大変だった~。



で、秋の活動報告。
順番は慎吾、剛、木村くん。だから最後は中居くんと木村くんが二人だけでしゃべってました。
「何かSMAPチャゲ&アスカみたいだね」って言ってました。

そこで・・・
「昔やったんだけど、受けなかったモノマネをします。ボンカレーを熱い鍋から取り出すアスカ!」
モノマネをするが、会場は微妙な雰囲気に・・・
そこで木村くんがマネをしてる中居くんの後ろに回りこんで、みんなに拍手するように求めました。
そしたらみんな拍手して、中居くんがふっと後ろを振り返って木村くんを見たとき、木村くんはバレないように体操してるフリしながら、
「よかったじゃん。すごい受けてたよ。」って(笑)


報告内容は慎吾は慎吾ママ、剛はドラマの話。木村くんには・・・
「えー、もう毎年ライブの度に聞いてて、3回目とかになるんですけど・・・」
木村くん、そっぽを向いてる。
「映画のほうは・・・?」
「ん?」
「いや、『ん?』じゃなくて、もうみんな待ってるんですよ。どうなんですか?」
「タイトルが2046なんで・・・」
「え~!45年後!?もうこんなじゃん!」と言って、よぼよぼのおじいさんのマネをする。
「そんなに震えなーい!えー、予定は・・・『予定は・・・』って言ったらみんな繰り返してよ!予定は・・・」
大声でみんなが「予定は~」
しばらく間が・・・
「未定です。」
「未定なんですか!?んじゃ期待しなくていいんですね?」
「期待してくださいって俺も言いたいよ。」



慎吾のグリーングリーンのとき。
歌う直前に階段から降りてくるときの慎吾の顔が何とも言えなかった!
モニターに映ったときはすごい真面目な顔してたのに、映ってるのが分かった瞬間「にこぉ」って笑ったんです!
あの笑顔にはヤラレタ・・・(笑)
もう「いや~!かわいい~!」って感じ。



そして企画コーナー。
「裏ビストロSMAP」っていうことだったんですが、セットがビストロのセットで中居オーナーがモニターに。
そしてゲストは何と中居正広さん!
「あのクセやってよ~。」
「一回だけですよ。(前髪を吹き上げる)」
「本物だ~。じゃあいつもの言ってよ。」
オ&中「えー、当ビストロではメニューは・・・」
「ちょっと待ってくださいよ。僕が言いますから。」
「あっ、俺言わなくてもいい?」
オ&中「え-、当ビストロでは・・・」
「僕一人で言えますから。大丈夫ですから。」
「えっ?一人で言える?」
「えー、当ビストロでは」
「えー、当ビストロでは」
「一切メニューは」
「一切メニューは」
「繰り返さないでくれます?」
そしてお決まりの言葉をオーナーが言う。
「何がよろしいでしょうか?」
「もしも・・・」
「もしも?何ですか。もしもって。メニューですよ。」
「もしものSMAPと言いまして、もしもSMAPがあんなだったらっていうのをやってもらいたいんですよ。」
「分かりました。もしものSMAPですね。では・・・」
オ&中「オーダー!」
「一人で言いますって。」
「あっ、そう。」
と言ってマンガを読み出す。
「ちょっと待ってくださいよ。マンガ読まないでくださいよ。オーダー!もしものSMAP!」
「ウィ・ムッシュ!」


そして中居オーナー登場!
「もしもあの男がこのライブ会場にやってきたら・・・」
Night of Fireが流れ、バッキー木村が登場!
そして中居くんがいろいろ言うが、何も言わず去っていく・・・


「もしもあの男がこのライブ会場に来たら・・・」
クニエが登場!
モノマネとして嵐の「時代」を歌ったり、田村正和のマネをしてました。
(どうやらこの日は嵐が見に来てたらしい)
あとみんなに「バカヤロ~」をやらせたりしてました。

「もういいですよ。帰ってください。」
「さみしいな~。」
と言って去っていきました。


「もしもあの男がこのライブ会場に来たら・・・」
キンピラが登場!闇医者を二人でやってました。
薬として中居くんがマヨネーズや熟茶、ロートZファイなどを出してました。
でもマヨネーズを食べ過ぎて口の中が大変そうでした(笑)
しかも会場は微妙にしか受けてない(笑)

「今までは違うことやってたんだけど、これダメだったなー。ごめんなー、剛。(みんなには)すみません、俺の判断ミスでした(笑)さぁ、次に参りましょう。もしも、あの男がバッキーになったら・・・」
慎吾がバッキーとして登場!髪を後ろで結んでて、超かっこよかった!
だけど、フリが・・・(笑)

「ちょっと待てよ、お前。そこで止まってみな。(一番最初のポーズで止まる)お前違うんだよ。小指が短いんだよ!しかもズボンがクニエのままじゃん。サイズなかったんだろ。」


「もしもあの男がクニエだったら・・・」
剛がクニエとして登場!でも・・・似てない(笑)
「もっと口とがらせるんだよー。」
などと突っ込まれてました。


「もしもあの男が・・・」
会場が騒ぎ出す。
「もしもあの男が・・・・・・・・・・・・・・・ママだったら。」
会場「キャ~!!」

ななな、何と!木村くんが「拓哉ママ」として登場!
おはロックが流れ、歌いながらセンターの花道を下っていく。しかも超笑顔!!
だけど曲が止まると一気にやる気のない、不良ママへ・・・
「何でそんなにやる気ないの?」
「すごいのが、フリが全部合ってた。」
「これ地毛なんだよ(怒)」
確かに木村くんが言う前から、すごい気になってた(笑)
だって髪の色が茶色なんだもん!それにピンクのリボン巻いてるんだよー!
地毛だよ、地毛!超超超かわいかった!!


そしてオーナーが「判定は!?」と言うと舞台が暗くなり、映像が・・・
中居さんがマンガを読みながら笑っている。
「あっ、ごめん。全然見てなかったわ。」
おしまい(笑)



そしてラップコーナー。
DJが出てくるんだけど、それがピーコさんっていうオチでした(笑)



それから中居くんのソロ。
意外にもGLAYの♪HOWEVER!
うまかった~。それとその後が♪みんな一人じゃないのだ!?でした。
一番初めのお経の部分の「死ぬわけないだろ~」が「マッピー復活~」に変わってました。
それからタカさんやタモさん部分が、中居くんの家族&直江にチェンジ!
お兄ちゃんと大阪のおばあちゃん(92歳)、お父さんが登場しました。
お父さんが流れる前のラップが、
「いつか俺もこうなっちゃうの?いつか俺もこうなっちゃうの?いつか俺もこうなっちゃうの?帽子は取るな!おいらのパパ!」
になってました(笑)
そしてお父さん登場。吉牛を食べ、風呂あがりを飲み、$10を「10ドル」と読み、帽子を取ってUNOを顔にまで付け、最後に言ったのが「ハゲないように気をつけて」(笑)

そしてラップの最後は慎吾ママ
「いやん!何見てんの!」と言って慎吾ママのコーナーへ・・・



慎吾ママの映像では、今年も桑田さんのマネをしながら♪TSUNAMIを歌い、
「せーの!『おっは~』・・・・・・・・・・・・今行くと思ったでしょ?今年はおはロックじゃないのよ。もうあれはお古なぁのぉよぉ。今年は♪慎吾ママの学園天国なのよ。私が『慎吾ママのー』って言ったら『学園天国』って言うのよ。『ぐぁくぅえんてんぐぉくぅ』って言うのよ。これ東京スタジアムバージョン。」って言ってました。



最後の方に花火が何十発も上がったんだけど、風がなくて煙がたまっちゃってました。
でもとってもキレイだった。あまりにもいっぱいやるからびっくりしたけど(^^;
でも左側の人たちは屋根が邪魔で見れなかったらしく、そっちの花道にいる慎吾がモニターの右端に映ってる中居くんのことを
「カメラさん、その右端にいる男(中居くん)は映さないでいいから!」
って言ってました

でもね、その映像、すごくよかったんです。
中居くんが裸でバスタオルをスーパーマンのように付けてて、ボーっと見てる後ろから撮ってて、中居くんの後姿と花火がキレイでした。
慎吾は「た~まや~」って言ってました。
でもあまりにも花火が多いから中居くんがぼそっと「大丈夫なのかよ?金・・・」と言ってたのを聞き逃さなかったぞ(笑)
ライブ全体は3時間ぐらいでした。


おわりに

この年はどんどん構成が変わってしまったので、これと全く別のを見た人もいるでしょう。
でも東スタはこんな感じでした。
やっぱりまだ立ち位置などには少し不安も見られましたが、いつも通り飽きさせないすてきなライブでした。

それにしてもこんだけ記憶していた私の脳すごい…
終わった後、ノートに走り書きしてたもんなぁ…